ロジャー・ドゥーリー 脳科学マーケティング100の心理技術

ロジャー・ドゥーリーの「脳科学マーケティング100の心理技術」

最近、脳科学や心理学の本がとてもよく売れています。
その理由は、人間関係の円滑化に役立ったり、商品の販売に役立ったり、
自分自身の気持ちのコントロールに役立ったりするからです。

 

人間の脳には沢山のヒミツがあります。
例えば、スーパーで商品を選ぶ際にも、何気なく購入しているものがあるかもしれませんが、
ここでも脳が働いていて知らない間にその商品を選んでいるのです。

 

どうすれば、お客さんに商品を選んでもらうことができるのか、
脳科学の面から顧客の心をつかむ法則を紹介している本があります。

 

ロジャー・ドゥーリーの「脳科学マーケティング100の心理技術」です。
販売の際に、多くのお店が「安さ」「高品質」をアピールすると思いますが、
実はこの方法は間違っているようです。

 

この本では、全部で100もの実践方法を記してあります。
顧客の潜在意識にどれだけアピールできるか・・がうまく売るコツとなるようです。

 

全部で14の章に分けて構成されています。
第1章では、価格が脳に与える影響について詳しく紹介されています。

 

第2章では、五感を刺激する方法について、第3章では顧客の脳を喜ばせる方法、
第4章では、紙媒体が脳に相性が良いということについて

 

5章では広告の写真の使い方、6章では、顧客の信頼をがっちりとつかむ方法、
7章では接客スキル、8章はセールステクニック、9章は、キャッチコピーの作り方、

 

10章はマーケティングの手法、11章は男性脳と女性能の違いについて、12章では買う気をおこさせるテクニック、
13章は、メディアの活用方法、14章ではインターネットの活用方法が記されています。

 

この本では、顧客の脳にどう働きかけていくのか・・ということをポイントにして書かれています。

 

難しく感じる内容もありますが、一つ一つできそうなことを取り入れていくだけでも、
面白いようにお客さんの反応が変わるのが実感できることでしょう。

 

営業マン、店舗販売員、には特に読んでいただきたい内容です。
これらを駆使すれば、あなたの売上げを伸ばすことができるのではないでしょうか。
是非一度読んでみて下さい。

 

 

⇒脳科学マーケティング100の心理技術の詳細はこちら

 

※返金保証もありますので、安心して購入いただけます。