脳科学マーケティング100の心理技術 価格

脳科学マーケティング100の心理技術は適正価格か?

マーケティング・コンサルタント会社「ドゥーリー・ダイレクト社」の創業者、
ロジャー・ドゥーリ―氏により執筆された「脳科学マーケティング100の心理技術」。

 

彼の研究する「ニューロマーケティング」の研究成果が、余すところなく詰め込まれた一冊となっています。

 

ニューロマーケティングとは一体、どういうものなのでしょうか。

 

ニューロマーケティングとは、脳科学を応用して、消費者の脳の反応を計測し、
マーケティングに応用しようという試みです。

 

端的にいうと、脳の活動の95%以上を占める、潜在意識(=無意識)へ向けてのアプローチです。
なぜ意識でなく潜在意識へ働きかけるのか?

 

それは、消費者はこれこれの理由でこの商品を購入している、と説明することはできますが、
その説明は実は後付けで、意思決定プロセスは無意識下で行われているというのです。

 

そして、その無意識下での選択は単純に「安ければ安いほどいい」というものではなく、
「価格が適正かどうか」がポイントになっています。

 

価格が適正と感じなければ、脳は痛みを感じるようにできています。

 

そこで、消費者の脳波を測定することで、どのような商品の価格を適正と感じているかを探るのです。

 

ずらりと並んだこの本の目次には、マーケティングのアイデアがそのまま用いられており、
一目見ただけで、そのアプローチがどのように行われるのか興味を掻き立てられます。

 

例えば、Chapter9「脳を刺激するコピーライティング」という章では
「シェイクスピアの文体をまねしてみる 」「パーセント表示は使わない」「ストーリー仕立ての広告をつくる」といった言葉が並びます。

 

これらのアイデアが消費者の潜在意識にどう働きかけるのか、好奇心がそそられます。

 

これら100通りものセールステクニック、ありとあらゆるビジネスのシーンに応用できるはずです。
この本の3,700円という価格、あなたの潜在意識の中では、もう安いものだという結論が、出ているのではないでしょうか?

 

⇒脳科学マーケティング100の心理技術の詳細はこちら

 

※返金保証もありますので、安心して購入いただけます。